Welcome to my blog

あにぃと呼ばれている人の日常を記録します。昔を振り返り懐かしく思うための日記です。

あにぃの日常

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

04
2010  13:00:20

エジプト 3日目

こんにちは。

今週はゲームのLV上げ頑張ってます。

4時寝、7時起きを二日やったら、仕事中眠くて仕方ありませんでした。
今日は、6時間は寝たので、すっきりしてます。

週末までにもう少し頑張ろうと思います。

目標は後2LV上げることかな・・・できれば3つあげたいな。



新婚旅行3日目です。

まず、モーニングコールがAM03:00・・・早すぎじゃね???

起きてすぐにカイロ空港へと向かいます。
もちろん外は真っ暗。。。
エジプト03-01

飛行機に乗ってアスワン空港へ向かいます。
エジプト03-02

外を見ると、珍しく水が見えました。
ナイル川でしょうか?

案内された場所は、アスワンハイダム。
エジプト03-03

このダムは、ソ連の協力のもと、開発されたようです。
昔は、空にまったく雲が無かったのですが、
このダムの水蒸気のおかげで雲が出来るようになったそうです。

また、エジプトはこのダムの水力発電で、約18%の電力をまかなっているそうです。
他は火力発電だそうです。
そりゃ~石油出ますもんね・・・ガソリン1リットル30円だそうですよ。

この後は、「切りかけのオベリスク」を見に行きました。

硬い岩石から石を切り取り建築物に使っていたようです。
エジプト03-04

これは、作業途中でヒビが入ってしまい放置された「オベリスク」です。
硬い岩石を機械を使わずに削り切る作業は、ものすごい労力だったでしょう。
この「オベリスク」にヒビが入らなければ、最大の高さになっていたそうです。

昼間の暑い時間は休憩ということで、ホテルに向かいます。
アスワン空港からアブシンベル空港へ・・・

今日のホテルは、こんな感じ。
エジプト03-05 エジプト03-06

ちょっと涼しくなってからは、
この旅のメインとも言える「アブシンベル神殿」へ向かいます。
エジプト03-07 エジプト03-08

アブシンベル神殿とセティ・アブシンベルです。

アブシンベル神殿には、ラムセス二世が四人座っており、
足の付近には、妻と子供の石造が建てられていました。
ラムセス二世の顔を見ると、左が一番若く、右に行くほど歳を取っていました。

神殿の中ですが、残念ながら写真の撮影は禁止。

壁一面には絵が描かれています。
壁を削って描いた上に色を塗っている感じでした。
神殿の置くには、ラムセス二世像があります。
次の日は、この石造が重要に!!!

セティ・アブシンベルはナセル湖に近い位置にある小神殿です。でかいけど・・・
ここにもラムセス二世と妻そして足元には子供がいました。
ラムセス二世は妻をかなり愛していたようです。

この神殿の中にも、絵が描かれていますが、
かなり状態は悪いです。
なぜなら、スコールの時期に神殿内に水が入るよう、
わざと低い位置に建てられているそうです。

神殿を女性とし、その中に水が押し寄せてくる・・・意味わかるかな?
そういうことだそうですw

夜には、音と光のショーがありました。
次の日が太陽の日らしく、特別にダンスがあったようです。
エジプト03-09

神殿がライトアップされ、ラムセス二世の物語が映し出されます。
エジプト03-10 エジプト03-11

うまく撮れなかった・・・さすがに暗くて遠かったら撮り難いですね。

あまりにも、長くて後半はダレました。
暑いわ、人多いわでちょっと気分悪かったです。

ホテルに帰ったら、いつ寝たわからないほど疲れてました。


新婚旅行三日目はこんな感じでした。
明日が勝負です!!!

 結婚

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。